弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

沈黙と雌伏

 

この記事は約 2 分で読めます。

アメリカの大統領選挙がなかなか決着しませんが、現職大統領が開票作業の差止めを求めるなどという事態になるに至っては、一体何のための選挙だったのかと考えさせられます。
選挙というより政治ショーのようです。

それはさておき、ヨーロッパは今、新型コロナウイルス感染症の再拡大が急速に進んでおり、緊急対策としての都市封鎖をせざるを得ない事態にまで至っています。
そんな国のひとつ、ドイツでは11月2日から1か月間、部分的な外出制限や営業制限が実施されています。
首都ベルリンも例外ではなく、世界的に有名なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地、フィルハーモニーも閉鎖となりました。

ロックダウンを控えた10月31日、ベルリン・フィルはその日のプログラムに、ある作品を追加したそうです。
作品の名前は「4‘33″」(4分33秒)。
アメリカの作曲家ジョン・ケージの代表作です。

3つの楽章で構成されるこの作品には、一切の音がありません。
ステージ上の演奏家は、一切音を立てない「演奏」をするのです。
静寂のみによって構成されるこの作品が、ロックダウン前の演目として選ばれた意味を考えさせられます。

静寂の中では、自然と「耳を澄ます」ことに集中します。

自分の鼓動
人の息づかい
風が揺らす木々の葉ずれ
梢をわたる鳥の声
暮らしの中の生活音
都市封鎖によって人影の消えた街の森閑
コロナ禍を乗り越えた先を予感させる胎動

静寂に耐えられず、沈黙を破ろうとする人には、どれも聞こえない音かも知れません。
みなさんにはどんな音が聞こえてきますか。

当日の演奏の映像がありましたので、ご紹介しておきます。
演奏時間は4分33秒より短いようです。

 - 社会 , ,

  関連記事

ステイ・ホーム

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、東京都は、今年の大型連休を「ステイ・ホ …

天の声にひざまずく

新元号ネタの連続3稿目です。 新元号に使われることになった「令」の字ですが、出典 …

地球儀外交

  もはや旧聞に属する話ですが、安倍総理は、政権交代を果たした後の20 …

後悔先に立たず

「イギリス、EUやめるってよ」 というタイトルのブログが乱立するだろうなあと思っ …

刑事手続原則と一般国民感情

 ここ最近ネットやワイドショーを賑わせている話題の一つに、東名高速路上でワゴン車 …

ドライブレコーダー2題

このところ、ドライブレコーダーの販売台数が急増しているというニュースを、それこそ …

わきまえない

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長の、日 …

迫る改元

裁判所では受理した事件(案件)ごとに「事件番号」といわれる固有の番号を振って事件 …

朝三暮四

「朝三暮四」という故事成語はご存知ですね。 中国は春秋時代の宋に狙公という人がい …

豊洲にしてもオリンピックにしても

連日報道されている豊洲新市場問題ですが、昨日の報道では、地下水から環境基準を超え …