弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

怖い罠

 

この記事は約 2 分で読めます。

怖い罠の話です。

Excelの最終行かつ最終列に密かに半角スペースを入れたファイルを、そのことを知らずに印刷した結果、プリンターが延々と紙を吐き出し続けるというもの。

怖くなって、いったいどのくらいの枚数になるのか確認してみたら、手元の環境で、初期設定のExcelで試すと、55,064,576枚とのこと。
5500万枚!
事務所で使っている500枚単位のコピー用紙だと、110,129締めと余り76枚!

考えただけで恐ろしい話です。
マルウェア(悪意を持ったソフトウェア)被害の話は聞きますが、そんな悪質なプログラムを作れなくても、こんな簡単な迷惑ファイルを作れてしまうのですね。

うちの事務所の弁護士で、文末にいつの間にか不要な改行が大量に入ってしまっているのに、そのまま印刷して、数ページの準備書面を印刷したつもりが、ページ番号だけ入った本文のないページまで印刷されてしまうという事態が発生したことがあります(実はわりと日常的に)。

こういう先生に、悪意を持った人から上記のようなファイルを送りつけられたりすると、大変なことになりそうです。
実際には、大量の印刷を試みると、Excel側が「長時間かかりますよ」と警告してくれるので気付きそうなものですが、警告というのは往々にして無視されるものです。
少なくとも、プリンターの紙切れは必至でしょう。

ちなみに、こういうことをするのは偽計業務妨害(刑法233条)に該当し、3年以下の懲役または50万円以下の罰金になることがあります。
この警告は無視されませんように。

 - 雑記 ,

  関連記事

「カンマ」から「テン」へ

ちょうど1年ほど前に公式ブログに書いた「読点とカンマ問題」という記事が、この1か …

明日がつらいなら

   9月1日は、18歳以下の子供の自死が1年で最も多い日なのだとか。 …

読点とカンマ問題

裁判文書には20世紀と21世紀で大きな違いがあります。 20世紀、つまり2000 …

逆転現象

今年も駅伝シーズンになりました。 日本生まれの駅伝の中で、最も有名な駅伝といえば …

ありがたくない話

「当たり前だ」が口癖になっている人っていますね。 あの言い方には、 一々考えなく …

聞きのがせない

こんな言い回しを耳にしたことがあります。 「●●の候補を、もう国会に送らないでい …

新入幕優勝

先日の大相撲春場所(三月場所・大阪場所)では、新入幕の尊富士の幕内最高優勝で幕を …

横書き読点問題に決着

横書きにおける読点をカンマ(,)にするか、テン(、)にするか、という、大変小さな …

お車でお越しの皆様へ

当事務所にお越しいただく際には、東京メトロ丸ノ内線をご利用になり、新宿御苑前駅( …

事務所移転1周年

事務所が四谷から、ここ新宿御苑前に移転して1年が経ちました。写真は、1年前、荷物 …