弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

横書き読点問題に決着

 

この記事は約 2 分で読めます。

横書きにおける読点をカンマ(,)にするか、テン(、)にするか、という、大変小さな問題について、これまで2回触れてきました。
1回目は「読点とカンマ問題」、2回目は「「カンマ」から「テン」へ」という記事でした。

小さな問題ではありますが、一部の関心は高いようで、実はこれらのページへのアクセス数は比較的多いのです。

筆者としては、いかに「公用文作成の要領」に横書きはカンマ・マル、と定められていようとも、日本語の表記にカンマを使うのは違和感しかありませんでした。

しかし、今年1月に文化審議会が取りまとめた「公用文作成の考え方」において、読点は原則としてテン(、)を用いることとされ、ようやくあの違和感から解放されたのです。

とはいえ、「公用文作成の考え方」には、「横書きの場合はコンマ(,)を用いてもよい」とも記載されています。
比較的守旧派の多い我が業界では、こういう規定をめざとく見つけてくるので、カンマ・マル派が簡単に宗旨替えをすることはないだろうと予想していました。

ところが、ここに来て大きな動きがありました。

最高裁判所が動いたのです。

今年4月以降の判決では、どうやら読点にテンを使うようになった模様です。

これに対して3月までの判決はカンマ・マルでした。

ただ、裁判所のウェブサイトを見ると、今日現在ではまだテン・マルとカンマ・マルが混在しているので、移行期、混乱期なのかも知れません。

とはいえ、業界のラスボスが宗旨替えをしたのですから、弁護士も軒並みテン・マルに変わるものと思います。そもそも最高裁に属する司法研修所がテン・マルに変わっているはずですので、今後輩出される法曹は、基本的にテン・マル派ということになるでしょう。

よかった。

 - 雑記 , ,

  関連記事

お車でお越しの皆様へ

当事務所にお越しいただく際には、東京メトロ丸ノ内線をご利用になり、新宿御苑前駅( …

ブログはじめます

事務所が新宿御苑前に移転して、早くも半年が経過しました。おかげさまで、ようやく新 …

ありがたくない話

「当たり前だ」が口癖になっている人っていますね。 あの言い方には、 一々考えなく …

事務所移転1周年

事務所が四谷から、ここ新宿御苑前に移転して1年が経ちました。写真は、1年前、荷物 …

明日がつらいなら

   9月1日は、18歳以下の子供の自死が1年で最も多い日なのだとか。 …

「カンマ」から「テン」へ

ちょうど1年ほど前に公式ブログに書いた「読点とカンマ問題」という記事が、この1か …

読点とカンマ問題

裁判文書には20世紀と21世紀で大きな違いがあります。 20世紀、つまり2000 …