弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

ステイ・ホーム その後

 

この記事は約 1 分で読めます。

4月30日の「ステイ・ホーム」という投稿で、音楽好きの方には写譜をして、演奏家気分を味わってはどうでしょうかと勧めつつ、ショパンの「華麗なる大円舞曲」の冒頭の一部分しかアップしていませんでした。
「あのやろう、人には勧めておいて、自分は途中で投げ出したに違いない」なんて疑われるといけませんので、ちゃんと最後まで打ち込んでアップすることにしました。

所詮はピアノの素人のすること。その上、実際の鍵盤には全く触れずに再現したものなので、速度や強弱など、お聞き苦しいところだらけかとも思いますが、お時間のゆるす方はお聴きください。
コロナ禍の中、軽快な音楽で少しでも心がほぐれたなら幸いです。

フレデリック・ショパン
『華麗なる大円舞曲』作品18 変ホ長調

(写真は、パリ20区のペール・ラシェーズ墓地にあるショパンの墓です。)

 - 社会 , ,

  関連記事

ワクチン接種とマスク

新型コロナ対策では、高齢者を皮切りにワクチン接種が進められていますが、そのせいか …

噴出するセクハラ問題

財務事務次官によるセクハラ問題は、本人の辞任で事態が収束するどころか、今まで表に …

4月4日は何の日?

  皆さんは4月4日が何の日かご存じでしょうか。 私も最近知ったのですが、なんと …

批判は失敬?

昨日の衆議院予算委員会で、こんなやりとりがありました。 小川淳也衆議院議員(立憲 …

舞台裏

最近、色々な舞台裏が見えてしまうことが続いていますね。 フジテレビと産経新聞社の …

取り戻すべきもの

新型コロナウイルスの世界的な蔓延がなければ、今頃は東京パラリンピックが行われてい …

地下倉庫に眠る

昨日のニュースですが、「働き方改革」法案に関連して、裁量労働制を巡る不適切なデー …

長すぎる約束

原子力発電所の廃炉をすすめる過程で生み出される放射性廃棄物の処分について、昨日、 …

刺客

物騒なタイトルで失礼いたします。 よく、政治と宗教と野球の話は注意した方がいいと …

ある検察官の起死回生

東京高等検察庁のトップである検事長が、2月8日の63歳の誕生日で定年退職を迎える …