弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

成り駒のルール

 

この記事は約 3 分で読めます。

藤井聡太七段の登場以来、将棋がちょっとしたブームになっています。かつては羽生九段が当時のタイトル7冠を独占した時期さえありましたが、2018年には8つのタイトルを8人の棋士が分け合う群雄割拠の状態を経て、現在は豊島将之竜王・名人と、名人戦挑戦権を決めた渡辺明三冠、永瀬拓矢叡王・王座、そして46歳で初タイトルを獲得した木村一基王位の4人がタイトル保持者となっています。
4月から始まる第78期名人戦七番勝負も、名勝負になることが期待されています。

ご存知の方には今さらというところでしょうけれど、将棋の駒には、王将(玉将)、金将、銀将、桂馬、香車、飛車、角行、歩兵と、8種類の駒があり、それぞれ初めに並べられる位置と動かせる場所が決められています。
このうち、王(玉)と金以外の駒は、敵陣に入ったところで「成る」ことができます。「成る」ことで銀は成銀、桂は成桂、香は成香、飛は竜王、角は竜馬、歩は「と金」となり、竜王と竜馬以外は、いずれも金と同じ動きに変更されます。
竜王と竜馬に至っては、それまでの飛・角の動きを失わずに、王(玉)と同じ動きまで付け加わるパワーアップとなります。

さて、なぜこんなことを突然ブログに書き出したかと言えば、1つ前の記事で書いた、東京高検検事長の定年延長についての続報を耳にして、まるで将棋の「成り駒」のようだと思ったからでした。

検察庁法22条は、検事総長以外の検察官は63歳に達した時に退官すると定めています。
他方、国家公務員法81条の2は、国家公務員の定年を原則60歳として、定年に達した年度末に退職すると定め、さらに同法81条の3で最大3年までの定年延長の余地を残しています。

一般の国家公務員は、60歳定年ですが、最大で63歳の年度末まで定年延長になる可能性があるわけです。もっとも「その退職により公務の運営に著しい支障が生ずると認められる十分な理由があるとき」に限られますが。
これに対して検察官は、初めから定年が63歳(年度末ではなく、誕生日で退官ですが)と定められており、その意味では一般の国家公務員の定年延長を織り込み済みの制度設計になっていることが分かります。

しかも、国家公務員法の定年に関する規定(定年延長制度を含みます)は、1981(昭和56)年に新たに設けられたもので、当時すでに検察官の63歳定年制度は存在していました。新たに設けられた一般の国家公務員の定年制度(しつこいようですが定年延長制度を含みます)は、検察官には適用されないと、当時、人事院幹部が国会で答弁していたことまで明らかになりました。

将棋の駒に喩えるならば、国家公務員法が適用になる一般国家公務員は、銀将とか桂馬など、「成る」ことができる駒で、敵陣に踏み込んでから「金」に転じてもうひと頑張りしてもらう可能性があります。
他方、検察官は金将で、「成る」ことはできませんから、どこまで行っても金は金。たとえ、竜王や竜馬のような活躍を期待したくても、そういうルールですから、これは無理です。

ところが、昨日のニュースによれば、安倍首相は衆議院本会議で、「検察官の定年延長も、法解釈を変更したからいいのだ」という趣旨の答弁をしたというのです。将棋の対局中に金将の駒の裏に「成金」と書くようなものです。

これには驚きました。
前の国会で検察庁法の改正案を提出して、検察官の定年延長制を創設することにしたというのならともかく、国会審議を無視して、内閣の法解釈でごまかそうとするわけですから、もはや、内閣が国会の信任によって成り立っていることを忘れてしまったと言われても仕方ありません。

まずは「成金」となってしまった東京高検検事長自らその職を辞することが、法律家たる検察官としての矜持の示し方ではないかと思います。

もちろん、国会を無視する内閣は、反則負けですみやかにご退場いただくようにお願いいたします。

 

 - 社会 , ,

  関連記事

人心の一新

明後日には内閣の改造が行われるそうです。 この数か月で一気に落ち込んだ内閣支持率 …

ブルーインパルス

昨日、東京の空を航空自衛隊のブルーインパルスが飛んだようです。飛んだようです、と …

舞台裏

最近、色々な舞台裏が見えてしまうことが続いていますね。 フジテレビと産経新聞社の …

住民の立場から

昨日の衆議院本会議での日本共産党の志位和夫委員長の代表質問の際の出来事です。 沖 …

目的も違うし必要性もない

 はやりのゲーム機を欲しがる子供が、「みんな(そのゲーム機を)持ってるから、持っ …

ドライブレコーダー2題

このところ、ドライブレコーダーの販売台数が急増しているというニュースを、それこそ …

反社の定義

昨日のニュースですが、政府が「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に …

刺客

物騒なタイトルで失礼いたします。 よく、政治と宗教と野球の話は注意した方がいいと …

友情と下心

 今年も新語・流行語大賞の候補がノミネートされる季節になりました。  候補に選ば …

紳士淑女ではない人も

「Ladies and Gentlemen」(レディース・アンド・ジェントルメン …