弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

法廷から見えた虹

 

この記事は約 2 分で読めます。

皇居前広場から大手町を望む (虹はかかっていません)

ニュース映像などでご覧になったことがあると思いますが、裁判所の多くの法廷は窓がなく、外光さえ入らないことが少なくありません。いくら審理が公開されていて、自由に傍聴できるとはいえ、プライバシーに対する配慮を考えれば、やむを得ないところです。

ところが、東京地方裁判所の一部の法廷には、外を見渡せる大きな窓のある法廷があるのです。先日、その開放的な法廷で証人尋問を行ってきました。

裁判官の座る法壇の正面が皇居前広場の方角に当たり、そこが窓になっていたのですが、尋問中にふと外に目をやると、大手町のビル街、ちょうど気象庁のある方向に、うっすらとですが、虹がかかっているのが見えたのです。尋問中に通り雨があったようで、西に傾き始めた太陽が虹を作ったのでしょう。
授業にたいくつした小学生が、教室の窓の外を指差して、「あっ、虹だ!」と叫びだす、そんな場面を連想しました。
さすがに声には出しませんでしたが、尋問の最中に、一瞬法廷にいることを忘れてしまいそうでした。

法廷に窓がないのは、こんなふうに気が散らないようにするためでもあるのかも知れませんが、外界から閉ざされた空間にいると、もめごと、争い事がいっそう殺伐としたものになってしまうような気もしなくもありません。

 - 日記 ,

  関連記事

よいお年をお迎えください

今年も1年お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いいたします。

NHK「戦後史証言プロジェクト」

やや古いソースなので恐縮ですが、NHK「戦後史証言プロジェクト」で、当事務所の新 …

首里城火災

今朝は首里城の火災のニュースで目覚めました。今年4月のパリ・ノートルダム大聖堂の …

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます 新年は南天に鶏を選んでみました。 南天は「難」が …

夏の終わりに

前任の総理大臣が退陣表明をしてから、早いものでもう1年が経過しました。 あれから …

すずしき谷間に

ドイツの詩人ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフの詩に、フリードリヒ・グリュックが …

倍返し

私たちの事務所名によく似た銀行を舞台にしたドラマが最終回を迎えたようですが、残念 …

「年末」の行事

10月31日はハロウィーン。少し前までハロウィーンなんて行事は聞いたこともなかっ …

あけましておめでとうございます

東京中央法律事務所も本日から仕事始めとなりました。本年もよろしくお願いいたします …

乾燥注意報

 栃木県足利市では2月21日に発生した山火事が、4日経った今日も鎮火には至ってお …