弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

オリンピックの「レガシー」

 

この記事は約 2 分で読めます。

今はなき旧国立競技場

今はなき旧国立競技場

東京オリンピックのための施設建設について、いろいろな意見が交わされています。あまりの総工費の高さに、新国立競技場の当初の設計が白紙撤回されたのは昨年7月のことでしたが、今では、ボート・カヌー会場、バレーボール会場、水泳会場などの見直しも進められています。

そうした中で、よく聞くようになった言葉に、「レガシー(legacy)」という言葉があります。
レガシーと聞けば、もともとは富士重工業の乗用車を連想する人の方が多かったのではないかと思うのですが、今ではそれが「遺産」という意味の言葉だということが広く知られるようになりました。

オリンピック閉幕後のレガシーとなる施設。

うーん、「遺産」って日本語で言ってはいけないんでしょうかね。
「負の遺産」とか言われると困るから? たしかに「負のレガシー」というのは聞いたことがありませんが。

ところで、遺産と聞いてもう1つ思い出すのは「世界遺産」です。
「世界遺産」は、英語にすると「world heritage」で、「遺産」には「ヘリテージ」という単語が当てられています。

レガシーとヘリテージ。
どちらも日本語に翻訳すれば遺産ですが、レガシーの方が狭い意味での遺産、つまり、親から子に相続される相続財産で、ヘリテージの方は、もう少し広い意味での遺産、その国や社会に受け継がれてきた伝統や文化なども含んだイメージのようです。

ならば、オリンピックの遺産も「ヘリテージ」の方が相応しいように思えてきます。だって、オリンピックの遺産って、何も形あるものだけではないはずです。

ところが、オリンピック憲章の中には「legacy」の言葉はあっても、「heritage」は見当たりませんでした。
何となくガッカリさせられた気がするのは私だけでしょうか。

遺産問題は、私たち弁護士もよく取り扱う問題ですが、そのうち「レガシー問題」なんて言われるようになるのかも知れません。何かピンと来ませんが、レガシーとしての遺産をめぐる争いは、いろいろな思惑が交錯して根が深い問題だということだけは間違いなさそうです。

(追記)
「レガシー」が流行語大賞の候補にノミネートされました。(2016/11/17)

 - 話題 ,

  関連記事

読み間違い

「責ニ任ス」  口語化される前の民法にはよく登場する言葉でした。「責任を負う」と …

広辞苑とLGBT

10年ぶりに改訂された広辞苑第7版、発売されましたね。 たまたま広辞苑の編集者が …

岩手文学に脚光

一昨日、芥川賞と直木賞の発表がありましたが、その続報で、岩手文学が脚光を浴びてい …

そもそも云々

「そもそも」という言葉に、「はじめから」とか、「元から」という意味のほかに、「基 …

瀬戸内寂聴さんの発言に思う

先週末、福井で日弁連人権擁護大会が開催され、これに先立って死刑制度に関するシンポ …

火に油を注ぐ

受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が国会で審議されているようですが、今月15 …

印象操作

何とかの一つ覚えじゃないですが、同じフレーズを多用する人っていますね。少し前には …

キラキラ

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕 …

不適切だが違法ではない

昨日行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一都知事の辞任は既定路線にな …

森羅万象

森羅万象という言葉が突然話題になっているというので、早速調べてみたところ、国会で …