弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

エール

 

この記事は約 1 分で読めます。

水泳の池江璃花子さんが白血病を公表したニュースには、本当に言葉を失いました。
ずっと前からテレビで見かけていたので、失礼ながら、もう少し年長のような気がしていたのですが、まだ高校卒業前の18歳なんですね。
オリンピックに向けて厳しいトレーニングに打ち込んできたところに、まさかの宣告を受けたときのことを想像すると、文字通り胸がつぶれる思いです。

闘病というのは孤独なもので、家族が見守ってくれている、医師や看護師も頑張ってくれている、友人も励ましてくれている、それは分かっていて、感謝の気持ちで一杯なのに、それでも病と直接向き合っているのは自分だけ、という思いが去来する瞬間ががあるかも知れません。
でも、今までずっとトップ選手としての期待を担い、誰よりも孤独なたたかいをしてきた池江さんですから、きっと闘病生活も乗り切れると信じています。

どこかに、がっかりとか何とか自己中心的な発言をした人がいたようですが、あんな雑音はこの際放っておきましょう。
そういえば、昔、大事なところで必ず転ぶとか発言した人もいたような気がしますが、そんな人たちが仕切っているオリンピックを目指して焦るより、もう1つ先で活躍する姿を見られたらと願っています。

 - 話題 , ,

  関連記事

瀬戸内寂聴さんの発言に思う

先週末、福井で日弁連人権擁護大会が開催され、これに先立って死刑制度に関するシンポ …

読み間違い

「責ニ任ス」  口語化される前の民法にはよく登場する言葉でした。「責任を負う」と …

復興大臣の失言と本音

  (東日本大震災は)死者が1万5893、行方不明者2585、計1万8 …

オリンピックの「レガシー」

東京オリンピックのための施設建設について、いろいろな意見が交わされています。あま …

防衛省と住民基本台帳

自衛官募集のために地方自治体が協力してくれないけれど、自衛隊を憲法に明記すれば、 …

後悔先に立たず

「イギリス、EUやめるってよ」 というタイトルのブログが乱立するだろうなあと思っ …

広辞苑とLGBT

10年ぶりに改訂された広辞苑第7版、発売されましたね。 たまたま広辞苑の編集者が …

岩手文学に脚光

一昨日、芥川賞と直木賞の発表がありましたが、その続報で、岩手文学が脚光を浴びてい …

不適切だが違法ではない

昨日行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一都知事の辞任は既定路線にな …

キラキラ

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕 …