弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

ゴーン・ショック再び

 

この記事は約 2 分で読めます。

新年明けましておめでとうございます。

本日から事務所も仕事始めとなりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、新年早々にこのブログの閲覧状況を確認したところ、大晦日に突出して多くの閲覧があったことが分かりました。理由は一目瞭然、一昨年11月に投稿した「ゴーン氏逮捕と人質司法」という記事が閲覧されていたのでした。

保釈中だった日産自動車の前会長カルロス・ゴーン氏がレバノンに無断渡航したとのニュースが流れたのが大晦日の12月31日。そこで氏の名前で検索したところ、件の記事に行き当たったということなのでしょう。

ゴーン氏の無断渡航が保釈条件違反であることは明らかなようですが、出国の経緯や動機などはまだ明らかになっていません。近日中に記者会見が開かれるという話もあるので、あまり予断を抱くべきではないのかも知れません。しかし、報道によれば、無断渡航前の弁護団との打合せでも、保釈されているとはいえ、妻と会うことさえ許されない状況に苦言を呈していたそうですから、やはり、日本の刑事裁判制度に対する根深い不信感があったことは容易に想像できます。

もちろん、だからといってゴーン氏の今回の行動を正当化できるわけではありませんが、仮に別の容疑が付け加わる結果になったとしても、自身が納得できる司法制度の下で裁判を受けたいという考え(そのように考えているとすれば、ですが)には、一理あると言えなくもありません。

映画のような逃亡劇に注目が集まりがちですが、オリンピックを控えて多くの訪日外国人が予想される今、日本の刑事司法制度がこのままでよいのか、改めて検討すべきではないかと考えています。

いわば「ゴーン・ショック」の刑事司法版といったところですが、刑事司法制度というのは、本当は罪を犯していない人、つまり圧倒的大多数のみなさんを守るための制度でもありますので、他人事ではありませんから、今後の動きには関心を持っていただければと思います。

 - 話題 ,

  関連記事

ゴーン氏逮捕と人質司法

今週は東京地検特捜部による日産自動車の会長の電撃逮捕という大きなニュースがありま …

統計不正の影響

私たち弁護士が扱う事件の中に、加害者などに対して損害の補償を求める、損害賠償請求 …

ほぼほぼ考

最近よく耳にする言い方で「ほぼほぼ」というのがあります。 「ほぼ」じゃいけないの …

岩手文学に脚光

一昨日、芥川賞と直木賞の発表がありましたが、その続報で、岩手文学が脚光を浴びてい …

仮定の質問

 年明け間もない1月7日、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に新型コロナウイル …

無期転換ルール取組促進キャンペーン

  厚生労働省が、今日9月1日から「無期転換ルール取組促進キャンペーン …

高輪Gateway

家電量販店のCMソングでお馴染みの「まあるいみどりの山手線」は、実は円くはないの …

ミュージアム

ちょっと前に話題になった「ミュージアムの女」、ご存知ですか。 岐阜県美術館のFa …

キラキラ

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕 …

火に油を注ぐ

受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が国会で審議されているようですが、今月15 …