弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

ミュージアム

 

この記事は約 2 分で読めます。

岐阜県美術館(Wikipediaより)

ちょっと前に話題になった「ミュージアムの女」、ご存知ですか。
岐阜県美術館FacebookTwitter上に投稿されている、美術館の監視員のお姉さんによる四コマ漫画なのですが、美術館の日常や裏側が垣間見えて、何とも言えないほほえましさがあります。岐阜県美術館、ちょっと行ってみたくなりました。オディロン・ルドンのコレクションが有名なようです。

この漫画で知ったのは、あの展示室の片隅に座っている監視員のみなさんは学芸員とは違うということ。時々、監視員の方に熱心に質問をされている鑑賞者を見かけることがありますが、内心困っているのかも知れませんね。

先日、地方創生担当大臣が、地方創生セミナーで「一番のがんは、文化学芸員という人たちだ。この連中を一掃しなければならない。」と話したことがニュースになりました。大臣の発言は、文化財となっている施設を観光に活用しようとしても、学芸員の反対に遭って思うように行かない、という文脈から飛び出した発言らしいのですが、それは文化財保護のあり方の問題であって、学芸員を問題視するのはお門違いです。それに、どうも事実誤認もあったとか。

この発言(失言?暴言?)は、当然ながら翌日には撤回されましたが、それでも当の大臣は、「観光マインドは、学芸員の方々もしっかり持ってもらいたい。そして、一緒に日本の観光、日本の文化を世界に知ってもらうことが大事だという趣旨で思っているので。」と、負け惜しみともつかない弁明を欠かしませんでした。

辞任を求める声が上がるのも当然と思いますが、発言を撤回するくらいなら、反省を込めて、2~3日美術館や博物館で働いてみたらいいのではないかと思います。もちろん、学芸員だけでなく、監視員のお仕事体験も含めて。

 - 話題 , ,

  関連記事

防衛省と住民基本台帳

自衛官募集のために地方自治体が協力してくれないけれど、自衛隊を憲法に明記すれば、 …

瀬戸内寂聴さんの発言に思う

先週末、福井で日弁連人権擁護大会が開催され、これに先立って死刑制度に関するシンポ …

枯れ尾花

今週の月曜日、13歳の女子中学生が警察に補導されたというニュースが流れました。こ …

森羅万象

森羅万象という言葉が突然話題になっているというので、早速調べてみたところ、国会で …

約束と異なる新しい判断

早いもので、もう6月も最終日になってしまいました。 安倍首相が消費税増税の時期を …

新宿御苑がアツい

4年前のちょうど今ごろ、当事務所は四ッ谷から新宿御苑前に移転してきましたが、かつ …

キラキラ

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕 …

ほぼほぼ考

最近よく耳にする言い方で「ほぼほぼ」というのがあります。 「ほぼ」じゃいけないの …

統計不正の影響

私たち弁護士が扱う事件の中に、加害者などに対して損害の補償を求める、損害賠償請求 …

岩手文学に脚光

一昨日、芥川賞と直木賞の発表がありましたが、その続報で、岩手文学が脚光を浴びてい …