弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

老いと運転

 

この記事は約 2 分で読めます。

%e8%80%81%e4%ba%ba%e5%85%ad%e6%ad%8c%e4%bb%99%e7%94%bb%e8%b3%9b

老人六歌仙画賛(仙厓義梵)

江戸時代の禅僧、仙厓義梵といえば、「○△□図」や「指月布袋図」などのユルい禅画で有名です。みなさんも、きっとどこかで仙厓の禅画を目にしているのではないかと思います。

仙厓のコレクションで有名な出光美術館の収蔵作品に、「老人六歌仙画賛」というのがあります。どこか暢気な6人の老人の絵に添えられている賛は、こんなものです。

しわがよる ほくろができる 腰曲がる 頭がはげる ひげ白くなる
手は震う 足はよろつく 歯は抜ける 耳は聞こえず 目はうとくなる
身に添うは 頭巾・襟巻・杖・眼鏡・たんぽ・温石・尿瓶・孫の手
聞きたがる 死にともながる 淋しがる 心は曲がる 欲深くなる
くどくなる 気短かになる 愚痴になる 出しゃばりたがる 世話焼きたがる
またしても 同じ話に 子を誉める 達者自慢に 人は嫌がる

仙厓さんの自虐ネタかも知れませんが、考えさせられます。

ところで、最近高齢者による交通事故が頻繁に報じられています。高齢者が事故に巻き込まれるのではなく、高齢者が加害者になってしまった交通事故です。

こうした事故が急に増えたというより、以前からあったのにあまり報道されていなかったのが、急に報道されるようになったのではないかと思います。不幸な事故を防ぐための一種の啓発キャンペーンとして、それで事故が減るならばいいことでしょう。

実年齢と自己認識のギャップは、年齢を重ねるほど広がりやすいと聞いたことがあります。

「オレはまだまだ若い」
「年寄り扱いされたくない」

という意識は、そういうことなのかも知れません。その結果が取り返しのつかない事故に繋がるのだとすれば、運転免許の更新が厳しくなったり、自動車の安全設計が見直されたりする必要もあるのでしょう。でも、

「高齢者に優しくないじゃないか」
「事故を起こしたヤツと一緒にするな」

という声もきっとあるでしょうね。

他方で、昨日、原子力規制委員会が、今月末で運転開始から40年を迎える福井県美浜原発3号機の運転延長を認可したそうです。福島第1原発事故を教訓に原発の運転期間は原則40年とされているのですが、原則がお飾りになってしまっています。

人間と原発を比較しても仕方ないことは承知していますが、高齢者の自動車運転にしても、老朽原発の運転延長にしても、事故が起きたときは取り返しがつかないということだけは共通しています。原子力規制委員会さん、大丈夫ですか、実年齢と自己認識のギャップ。

こんなとき仙厓さんならなんて言うかなあ、と、ふと思いました。

 - 話題, 日記 ,

  関連記事

バベルの塔

 現在、上野の東京都美術館で「ブリューゲル『バベルの塔』展」が開催されています。 …

やまない雨は

梅雨入り直後、今年の梅雨は「陽性」の雨で、しとしと降り続くというより、降るときに …

台風一過

迷走に迷走を重ねた台風10号は、ようやく日本海に抜けて温帯低気圧に変わったようで …

73年前の夏

今日は言うまでもなく終戦記念日です。73年前の1945(昭和20)年8月15日正 …

NHK「戦後史証言プロジェクト」

やや古いソースなので恐縮ですが、NHK「戦後史証言プロジェクト」で、当事務所の新 …

幻日(げんじつ)

今日は、調停のため足利簡易裁判所まで出張しました。 時間があれば史跡足利学校の見 …

法廷から見えた虹

ニュース映像などでご覧になったことがあると思いますが、裁判所の多くの法廷は窓がな …

森羅万象

森羅万象という言葉が突然話題になっているというので、早速調べてみたところ、国会で …

高輪Gateway

家電量販店のCMソングでお馴染みの「まあるいみどりの山手線」は、実は円くはないの …

マイナンバー制度の所内研修を実施しました!

5月20日(金)、所内の弁護士を対象にマイナンバー制度の研修会を行いました。