弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

首里城火災

 

この記事は約 2 分で読めます。

今朝は首里城の火災のニュースで目覚めました。
今年4月のパリ・ノートルダム大聖堂の火災を思い出しました。


戦後沖縄が本土復帰を果たしたのが1972(昭和47)年。
1992(平成4)年の首里城の再建は本土復帰20年を記念したものでしたから、沖縄にとって歴史的建造物の復元というだけでなく、戦後沖縄の復興の新たなシンボルでもあったのです。
首里城を中心とする首里城公園の開園は同年11月2日だったそうで、丸27年が経過しようとするところでの災難でした。
沖縄にゆかりのある人々にとって、喪失感は計り知れません。
復元された「新しい」建物だから、また建て直せばいいという簡単な話ではないでしょう。

思い返せば、首里城再建から今日までの27年間に沖縄で起こったことは、観光産業などによる経済発展、九州・沖縄サミット開催、世界遺産登録、ゆいレールの開通などの明るいニュースの一方で、米兵による事件事故、沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故、オスプレイの配備、米軍機による爆音被害、一向に進まない普天間基地の返還、名護市辺野古の新基地問題など、主に在沖米軍関連の暗いニュースも繰り返されてきました。

いずれもう一度首里城再建の話になると思いますが、次の再建がなる頃までに、これらの問題がいい方向に解決していれば、本当の意味で新時代の沖縄の象徴になり得るのではないかと思います。そうなることを願っています。

 


ところで、琉球王朝の城が炎上したその日の午後、ヤマトの皇居内では新天皇の即位を祝う4回目の「饗宴の儀」が行われました。
今日の今日のことなので、どうにもしようがなかったとは思いますが、あまりにも皮肉なタイミングで、どうにもならなかったのかと、思わずにいられないのです。

 - 日記 , ,

  関連記事

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます 新年は南天に鶏を選んでみました。 南天は「難」が …

よいお年をお迎えください

今年も1年お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いいたします。

バベルの塔

 現在、上野の東京都美術館で「ブリューゲル『バベルの塔』展」が開催されています。 …

すずしき谷間に

ドイツの詩人ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフの詩に、フリードリヒ・グリュックが …

「年末」の行事

10月31日はハロウィーン。少し前までハロウィーンなんて行事は聞いたこともなかっ …

人の振り見て

先日インターネットで調べ物をしていたときに、「一つ返事」という言葉に出会いました …

来年もよろしくお願いいたします

今年も1年お疲れ様でした。 来年もまたよろしくお願いいたします。

暑さ寒さも

すっかり日が暮れるのが早くなりました。 今年の夏は記録的な猛暑で、果たして2年後 …

青海(あおみ)と青梅(おうめ)

週末の出来事だったようですが、お台場「ヴィーナスフォート」で行われるアイドルフェ …

夏は憲法

ようやく関東地方の梅雨明けが宣言されました。 東京ではもう2週間以上も真夏日が続 …