弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

読み間違い

 

この記事は約 2 分で読めます。

「責ニ任ス」

 口語化される前の民法にはよく登場する言葉でした。「責任を負う」という意味ですが、問題はその読み方です。
 「セキニマカス」?
 「セキニニンズ」?
 いずれも不正解。正解は、
 「セメニニンズ」
でした。

 以前の司法試験では、短答式試験(マークシート)、論文式試験に加えて、口述式試験(面接試験)という三段階の試験がありました(今の司法試験には面接試験がありません)。
 この口述試験の際に「セキニニンズ」などと言うと、試験官から、

「あなたは大学の講義には出席しなかったのですか?」

などと嫌みを言われるぞ、と聞いたことがあります。

 本で学ぶだけでは、音として耳から入る知識が不足しますから、読み間違いを招きやすくなります。筆記試験だけでなく、面接試験があったのは、どこで学んできたのかを知る機会にもなっていたのかも知れません。

 つい先日、さる総理大臣が「云々」(うんぬん)を「でんでん」と言い間違えたのではないかということが話題になりました。真偽のほどは分かりませんが、「画一的」(かくいつてき)を「がいちてき」と読んでいたこともあるとかないとか。
 前にも漢字の読み間違えをくり返す総理大臣のことが話題になったことがありました。

「ちょっとした読み間違えを一々あげつらうなんて度量が狭い」

 などという声もあるようですが、やはり国民としては、恥ずかしく思わざるを得ません。

 昨日、横綱昇進が決まった稀勢の里関がいいことを言っていました。

「横綱の名に恥じぬよう、精進いたします。」

 総理大臣も是非。

 - 話題

  関連記事

防衛省と住民基本台帳

自衛官募集のために地方自治体が協力してくれないけれど、自衛隊を憲法に明記すれば、 …

後悔先に立たず

「イギリス、EUやめるってよ」 というタイトルのブログが乱立するだろうなあと思っ …

不適切だが違法ではない

昨日行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一都知事の辞任は既定路線にな …

キラキラ

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕 …

統計不正の影響

私たち弁護士が扱う事件の中に、加害者などに対して損害の補償を求める、損害賠償請求 …

仮定の質問

 年明け間もない1月7日、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に新型コロナウイル …

無期転換ルール取組促進キャンペーン

  厚生労働省が、今日9月1日から「無期転換ルール取組促進キャンペーン …

ほぼほぼ考

最近よく耳にする言い方で「ほぼほぼ」というのがあります。 「ほぼ」じゃいけないの …

火に油を注ぐ

受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が国会で審議されているようですが、今月15 …

汚名をそそぐ

今日は年度末です。 今月の大きなニュースといえば、ワールド・ベースボール・クラシ …