弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

森羅万象

 

この記事は約 2 分で読めます。

森羅万象という言葉が突然話題になっているというので、早速調べてみたところ、国会での首相の発言だったようですね。

安倍首相は、この森羅万象という言葉がお好きなのか、以前も、
「政府が扱う森羅万象を全て私が説明できるわけではない」
という発言をされていたこともあるようで、今回の、
「あの、ま、総理大臣でございますから、ま、森羅万象すべて、えー、担当しておりますので」
という発言の言いたいところは、要するに、総理大臣は政府内のあらゆる問題を担当している、ということなのだろうということは分かります。

ただ、この場合、「森羅万象」という用語選択はうまくないですね。
森羅万象ということになると、政府内のとか、国政の上での、とか、そういう範囲を遥かに超えて、広くこの宇宙に存在するすべてのものごと、という意味合いになってしまいますので、言いたいこととのズレが大きすぎてしまいます。

ちなみに上の写真は、しばしば利用させていただいている、写真ACというサイトで、「森羅万象」のキーワードで検索したときの最初に出てきたものです。
やっぱり宇宙なんですね。

以前安倍首相は、「そもそも」という語には「基本的に」という意味があるという独自説を唱えたことがあって、その際には「辞書にも書いてある」という趣旨の発言をされたのですが、ついぞそのような辞書が見つからなかったという顛末がありました。
ただ、ネット上の類語辞典にそれらしき記載があったとかなかったとか、もしかしたら安倍さんは類語辞典を見たのかも知れないと噂されたことがありました。

それを思い出して、類語辞典で調べてみましたよ。「森羅万象」よりふさわしそうな言葉を。
そうしたら、ありました。
「諸事万端」
これからは「諸事万端」の方でいってみてはいかがかと思います。

しかし、総理大臣は諸事万端の担当であるという文脈は、たとえ細かな統計でさえすべて目を通している、とか、直接あずかり知らない事柄であっても政府内で起こった不祥事については責任を取る、という話になるのであれば分かりやすいのですが、どうやら今日の発言はそうではなかったようです。
むしろ話は逆で、そんな細かいことまで見られるわけないし、そんなことで追及されては困る、ということのようです。

そう考えると、「諸事万端」より、「有象無象」の方が首相の発言に沿うように思えるのですが、いかがでしょうか。
それじゃあまるで無責任な態度みたいじゃないか、とのご批判は、官邸へお願いいたします。

 - 話題 , ,

  関連記事

印象操作

何とかの一つ覚えじゃないですが、同じフレーズを多用する人っていますね。少し前には …

統計不正の影響

私たち弁護士が扱う事件の中に、加害者などに対して損害の補償を求める、損害賠償請求 …

読み間違い

「責ニ任ス」  口語化される前の民法にはよく登場する言葉でした。「責任を負う」と …

後悔先に立たず

「イギリス、EUやめるってよ」 というタイトルのブログが乱立するだろうなあと思っ …

ゴーン氏逮捕と人質司法

今週は東京地検特捜部による日産自動車の会長の電撃逮捕という大きなニュースがありま …

防衛省と住民基本台帳

自衛官募集のために地方自治体が協力してくれないけれど、自衛隊を憲法に明記すれば、 …

約束と異なる新しい判断

早いもので、もう6月も最終日になってしまいました。 安倍首相が消費税増税の時期を …

オリンピックの「レガシー」

東京オリンピックのための施設建設について、いろいろな意見が交わされています。あま …

ほぼほぼ考

最近よく耳にする言い方で「ほぼほぼ」というのがあります。 「ほぼ」じゃいけないの …

広辞苑とLGBT

10年ぶりに改訂された広辞苑第7版、発売されましたね。 たまたま広辞苑の編集者が …