弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

瀬戸内寂聴さんの発言に思う

 

この記事は約 2 分で読めます。

1d785f571d3769a191a7fd319d4f1633_s

先週末、福井で日弁連人権擁護大会が開催され、これに先立って死刑制度に関するシンポジウムが行われました。その際、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの、死刑廃止の立場から「殺したがるばかどもと戦ってください」というビデオメッセージが紹介されたことが、大きなニュースとなりました。
「ばかども」という表現に対して批判の声が上がったのは当然で、主催者の日弁連が謝罪するという展開になりました。
本題から離れたところに注目が集まってしまったのは、主催者にしても参加者にしても、不本意なことに違いありません。

この一連のニュースに接したときに思い出したのは、「バカの壁」でした。

解剖学者で東京大学名誉教授の養老孟司先生のベストセラー「バカの壁」が出版されたのは2003年(平成15年)のことだったのですね。もう13年も経ってしまいました。

再読していないので、多少誤りがあるかも知れませんが、「バカの壁」に言う「バカ」は思考停止のことだったように思います。思い込みや、勘違い、無知、無理解に基づくものばかりではなく、相手が間違っているに決まっている、これ以上突き詰めて考える必要がない、という意識的な思考停止も「バカの壁」とされていたのではなかったでしょうか。

寂聴さんの発言の真意は分かりかねるとしても、AかBかという二分論で激しい言葉をぶつけ合う時、お互いに、むしろ自分自身の側に「バカの壁」が立てられていないか、自問自答してみることが大切ではないか、ということを気付かされた出来事でした。

 - 話題

  関連記事

取り戻すまでもない

働かざる者食うべからず  この言葉は、しばしばレーニンの言葉として伝えられていま …

ゴーン氏逮捕と人質司法

今週は東京地検特捜部による日産自動車の会長の電撃逮捕という大きなニュースがありま …

そもそも云々

「そもそも」という言葉に、「はじめから」とか、「元から」という意味のほかに、「基 …

オリンピックの「レガシー」

東京オリンピックのための施設建設について、いろいろな意見が交わされています。あま …

枯れ尾花

今週の月曜日、13歳の女子中学生が警察に補導されたというニュースが流れました。こ …

ミュージアム

ちょっと前に話題になった「ミュージアムの女」、ご存知ですか。 岐阜県美術館のFa …

仮定の質問

 年明け間もない1月7日、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に新型コロナウイル …

不適切だが違法ではない

昨日行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一都知事の辞任は既定路線にな …

ほぼほぼ考

最近よく耳にする言い方で「ほぼほぼ」というのがあります。 「ほぼ」じゃいけないの …

印象操作

何とかの一つ覚えじゃないですが、同じフレーズを多用する人っていますね。少し前には …