弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

キラキラ

 

この記事は約 1 分で読めます。

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕生して話題になっています。革命を担当する国務大臣って、なんかもう言葉が矛盾しているというより、「(ネーミングが)すごいな」という感想しか出てきません。

よくよく見てみると、「まち・ひと・しごと創生担当大臣」もいますし、「女性活躍担当大臣」も、「一億総活躍担当大臣」も、「働き方改革担当大臣」もいます。もちろん文部科学大臣も忘れてはなりません。これだけ人づくりに関係しそうな大臣がいるにも関わらず、「人づくり革命担当大臣」が誕生したのは、やっぱり「革命」にこそ意味があるのでしょうね。

福澤諭吉によれば、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」なのだそうですが、この担当大臣は革命を起こしてしまうくらいですから、きっと上も下もないような、次元の違う人づくりを使命としているのでしょう。

人造人間でも造るんじゃないかなんていう冗談も飛び交っていますが、「国土強靱化」「科学技術政策」「宇宙政策」なんていう担当も並べてみると、まるでSFの世界のようで(もちろん意味は違いますが)、そんな冗談を言いたくなる気持ちも分からなくもありません。

はじめから名前負けしているような気もするのですが、気のせいでしょうか。

 - 話題

  関連記事

不適切だが違法ではない

昨日行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一都知事の辞任は既定路線にな …

広辞苑とLGBT

10年ぶりに改訂された広辞苑第7版、発売されましたね。 たまたま広辞苑の編集者が …

ゴーン氏逮捕と人質司法

今週は東京地検特捜部による日産自動車の会長の電撃逮捕という大きなニュースがありま …

読み間違い

「責ニ任ス」  口語化される前の民法にはよく登場する言葉でした。「責任を負う」と …

統計不正の影響

私たち弁護士が扱う事件の中に、加害者などに対して損害の補償を求める、損害賠償請求 …

約束と異なる新しい判断

早いもので、もう6月も最終日になってしまいました。 安倍首相が消費税増税の時期を …

オリンピックの「レガシー」

東京オリンピックのための施設建設について、いろいろな意見が交わされています。あま …

そもそも云々

「そもそも」という言葉に、「はじめから」とか、「元から」という意味のほかに、「基 …

岩手文学に脚光

一昨日、芥川賞と直木賞の発表がありましたが、その続報で、岩手文学が脚光を浴びてい …

瀬戸内寂聴さんの発言に思う

先週末、福井で日弁連人権擁護大会が開催され、これに先立って死刑制度に関するシンポ …