弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

長すぎる約束

 

この記事は約 2 分で読めます。

88fd45230af475a481d732df88aada55_s

原子力発電所の廃炉をすすめる過程で生み出される放射性廃棄物の処分について、昨日、原子力規制委員会が、放射能レベルが比較的高い廃棄物(L1)の処分の基本方針を決定したそうです。

これらの放射性廃棄物は、放射能レベルによって、

  • 極めて高い廃棄物(高レベル放射性廃棄物)
  • 比較的高い廃棄物(L1)
  • 比較的低い廃棄物(L2)
  • 極めて低い廃棄物(L3)

に分かれているのだそうですが、昨日基本方針が決定されたのはL1で、それ以外のものはすでに決まっているとのこと。
それぞれ、埋める深さは地下300m、70m、十数m、数mで、問題は埋めた後の管理期間です。
L1については、電力会社が300~400年管理し、その後は国が10万年間、その場所の掘削を制限するというのです。

400年とか、10万年とか、もう唖然とします。

400年前といったら、1616年、かのシェイクスピアや徳川家康が亡くなった年。その頃から続いている老舗会社もありますが、電力会社がそこまで負の遺産をかかえて存続できるのか、心配するなと言う方が無理です。

10万年前となると、地層や化石で知るような世界です。10万年後には日本列島の形も今のままではありません。そもそもそのころまでに日本という国はどうなっているのか、いや、そもそも人類はどうなっているのか、それさえも分かりません。

本当にそれだけの期間管理を続けられるかはともかく、理屈上そのくらいの期間が必要だということなのでしょう。しかしこうなると、放射性廃棄物、それを生み出す原発は人間の手に負えないものと結論づけることも必要なのではないでしょうか。

電力会社や政府は、今回の原子力規制委員会の決定を受けて、「責任を持って管理する」と言うしかないでしょうが、それは無責任な約束というものです。

しかし、いざとなったら「これまでの約束とは異なる新しい判断」という伝家の宝刀を抜くつもりかも知れませんが。

 - 社会 ,

  関連記事

反社の定義

昨日のニュースですが、政府が「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に …

住民の立場から

昨日の衆議院本会議での日本共産党の志位和夫委員長の代表質問の際の出来事です。 沖 …

東電刑事裁判に思う

昨日、福島第一原子力発電所の事故をめぐり、東京電力の旧経営陣が業務上過失致死傷の …

元号と長さと温度

5月1日からの新しい元号が発表されました。 「令和」という新元号そのものについて …

紳士淑女ではない人も

「Ladies and Gentlemen」(レディース・アンド・ジェントルメン …

パンドラ

パンドラの箱の話をご存知ですか。 ギリシャ神話にある話で、全知全能の神ゼウスがパ …

闇に葬らせないために

我が国では、誰でも裁判所に訴えを起こして裁判所の判断を仰ぐことができることになっ …

朝三暮四

「朝三暮四」という故事成語はご存知ですね。 中国は春秋時代の宋に狙公という人がい …

交通事故を他人事にしない

一昨日、大津市での交通事故のニュースが飛び込んできました。わずか2歳のお子様を亡 …

迫る改元

裁判所では受理した事件(案件)ごとに「事件番号」といわれる固有の番号を振って事件 …