弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

レガシーの活用

 

この記事は約 2 分で読めます。

参院選の終盤、安倍元首相が凶弾に倒れるという衝撃的なニュースが飛び込んできてから、早いもので2週間が経過しました。

仏教では故人が亡くなってから7日ごとに法要が行われ、7度目、四十九日まで続きますが、これは7日ごとに故人がどの世界に行けるのか裁きを受けるので、遺族や親族が法要を通じて故人を追善し、罪が軽減されるようにするのだそうです。
順次、生前の殺生、盗み、不貞、嘘が調べられ、有名な閻魔大王が登場するのは5度目、35日目のことだとか。
遺族、親族、友人、知人を総動員しても、なかなか手ごわい裁きになりそうです。

これらの法要のことを調べていくうちに、刑事裁判で家族が出廷して情状証人として証言する様子を想像してしまったのは、職業柄やむを得ないことですので、どうぞご容赦ください。

ところで、今日の閣議で9月27日に日本国技館で安倍元首相の国葬を行うことを閣議決定したというニュースに接しました。

故人の功績を称えたいという方々には、是非とも国葬という形を取りたいという気持ちが強いことは理解できます。
しかし、国葬という儀式を行う法的根拠はないので、これを強行することは違法ということになってしまいます。法を破ってまで故人を追悼するというのは、追善の正反対。かえって故人を貶めることになるのではないかと、一国民としても懸念しています。慣例にならって、内閣・自由民主党合同葬とするのが、結局いちばんよいのではないかと。

もっとも、故人からすれば、「こんな人たち」の1人かも知れないので、余計なお世話と言われかねませんが。

会場に予定されている日本国技館は、元はといえば1964年の東京オリンピックの柔道会場として建設された施設です。昨年行われたの東京オリンピックでも利用されましたが、首相経験者の葬儀会場としてもくり返し利用されてきました。
数年前にくり返し言われていた「オリンピックのレガシー」とはこういうことだったのでしょうか。

その日本武道館を管理運営する公益財団法人日本武道館の現会長が高村正彦元法相で、この2週間で話題になった旧統一教会との関係が取り沙汰されている人物の1人であるというのは、皮肉というよりほかにありません。

RIP

 - 社会 ,

  関連記事

天の声にひざまずく

新元号ネタの連続3稿目です。 新元号に使われることになった「令」の字ですが、出典 …

豊洲にしてもオリンピックにしても

連日報道されている豊洲新市場問題ですが、昨日の報道では、地下水から環境基準を超え …

元号と長さと温度

5月1日からの新しい元号が発表されました。 「令和」という新元号そのものについて …

刑事手続原則と一般国民感情

 ここ最近ネットやワイドショーを賑わせている話題の一つに、東名高速路上でワゴン車 …

地球儀外交

  もはや旧聞に属する話ですが、安倍総理は、政権交代を果たした後の20 …

新型コロナウイルスの猛威

新型コロナウイルスの猛威は、ついにオリンピックまで吹き飛ばしてしまいました。 こ …

首相が語る活性化の鍵

安倍首相は、昨日、内外情勢調査会で講演をされたそうなのですが、その中で、 「地方 …

初めての贈り物

名前は子供への最初の贈り物。 そんな言葉を耳にしたことがあります。 でもその一方 …

ドライブレコーダー2題

このところ、ドライブレコーダーの販売台数が急増しているというニュースを、それこそ …

ウクライナ

芥川龍之介は、羅生門で死人の髪の毛を盗む老婆にも、その老婆から着物を奪い取る下人 …