弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

2つのマクドナルド理論

 

この記事は約 2 分で読めます。

アメリカのジャーナリスト、トーマス・フリードマンが提唱した外交理論に、「マクドナルド理論」というのがあるそうです。
曰く、「ある国の経済が、マクドナルドのチェーン展開を支えられるくらい大勢の中流階級が現れるレベルまで発展すると、その国の国民はもはや戦争をしたがらない。むしろ、ハンバーガーを求めて列に並ぶ方を選ぶ。」(Wikipediaより)という考え方だそうです。

もちろん批判もあるようですが、空腹の時はケンカが激しくなりやすいという傾向もあるようなので、いつでも手軽にハンバーガーが手に入る環境では、少し気持ちが穏やかになるというのは分からなくもありません。

ところで、マクドナルド理論と言われるものにはもうひとつあるのだそうです。

Facebookなどで4年ほど前に話題になったというのでご存知の方も少なくないかも知れませんが、「お昼どこに行こうか?」という時に、誰かが「マクドナルドにする?」と提案すると、「いや、マクドナルドにするくらいなら、◯◯に行こうよ。」というアイデアが出てくる、という理論だそうです。
はてなキーワードによると、「『実行可能な選択肢のうち最低のもの』を提案することによって、そのアイデアを実行しないために、人々はよいアイデアを出そうとするという理論」と説明されていました。

マクドナルドに対して失礼とは思いつつも、言わんとするところは分かるような気もします。

総理大臣が、憲法記念日に行われた改憲派の集会に、自民党の総裁として、自衛隊明文化と高等教育無償化のための改憲宣言とも言えるメッセージを送ったことは報道等でご存知と思いますが、これをきっかけに、野党ばかりか、足元の自民党内からも異論や違和感を含むさまざまな意見が噴出してきました。

安倍自民党総裁は、2つ目の意味でのマクドナルド理論を実践しようとしたのでしょうか。
実際に、あまりにもあからさまな公明党と日本維新の会への迎合っぷりに辟易して、「いやあ、さすがにそれはありえない。」という意見が多く見られるように思われますので。

なお、くれぐれも言っておきますけれど、マクドナルドを揶揄するものではないですよ。時々おいしく利用させてもらってます。

 - 社会 ,

  関連記事

地球儀外交

  もはや旧聞に属する話ですが、安倍総理は、政権交代を果たした後の20 …

刺客

物騒なタイトルで失礼いたします。 よく、政治と宗教と野球の話は注意した方がいいと …

批判は失敬?

昨日の衆議院予算委員会で、こんなやりとりがありました。 小川淳也衆議院議員(立憲 …

ある検察官の起死回生

東京高等検察庁のトップである検事長が、2月8日の63歳の誕生日で定年退職を迎える …

東電刑事裁判に思う

昨日、福島第一原子力発電所の事故をめぐり、東京電力の旧経営陣が業務上過失致死傷の …

三段論法

人間は死から逃れられない。(大前提) ソクラテスは人間である。(小前提) ゆえに …

さらば、キリンラーメン

アベックラーメンことを書いてから2年たちましたが、今回はキリンラーメンの話題です …

豊洲にしてもオリンピックにしても

連日報道されている豊洲新市場問題ですが、昨日の報道では、地下水から環境基準を超え …

迫る改元

裁判所では受理した事件(案件)ごとに「事件番号」といわれる固有の番号を振って事件 …

住民の立場から

昨日の衆議院本会議での日本共産党の志位和夫委員長の代表質問の際の出来事です。 沖 …