弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

パンドラ

 

この記事は約 2 分で読めます。

パンドラの箱の話をご存知ですか。

ギリシャ神話にある話で、全知全能の神ゼウスがパンドラという名の女性に箱を授けたのですが、パンドラに心を奪われたエピメテウスがこの箱を開けてしまい、箱から病気、憎悪、災害等々、ありとあらゆる悪があふれ出し、人間界に広まってしまった。あわてて蓋を閉めたときに箱に残っていたのは「希望」だけだった、というお話です。

なぜエピメテウスがそんな箱を開けてしまう運命になったのか、というと、彼の兄プロメテウスがゼウスの忠告に反して天界の火を盗み出して人間に与えたことが原因。怒ったゼウスが弟のエピメテウスに罰を与えて懲らしめようとしたようなのです。
エピメテウスはとばっちりです。

ゼウスは、まず美しい女性を作り出し、彼女に「あらゆるもの」が入った箱を与えて(パンドラは「すべての贈り物」の意)エピメテウスの元に行かせました。彼女自身には「好奇心」を仕込んでおくというゼウスの周到さ。エピメテウスはパンドラの好奇心に負けてしまったのですね。

「プロメテウスの火」は、人間界に文明をもたらすと同時に、事故や戦禍をももたらしました。そのことから、人間の手に負えない強大でリスクを伴う科学技術、原子力はその筆頭ですが、原発事故や核兵器といったものの比喩として用いられることもあります。

女性が災厄をもたらすというのは、当時の時代背景の影響があってのこととはいえ、女性に対する偏見としかいいようがありませんが、男性社会がたった一人の女性によって大混乱に陥ることは、過去の歴史にも散見されることです。

最後に箱に残っていた「希望」をどう解釈するかには諸説あるそうです。
「まだ希望が残っている」という好意的な解釈ばかりでなく、何の保証もない希望のために、絶望することもあきらめることもできず、人間は労働や病気や災厄や苦痛に耐えて行かなければならない、と解釈する説もあるようです。

ちなみに、パンドラに心を奪われたエピメテウスの名前を翻訳すると「後悔」とも訳せるそうです。

何を言いたいかよく分からない記事になってしまいましたが、女性党首が率いる「希望の党」の登場によって、大混乱に陥っているなあと、もしかしたらどこかにエピメテウスもいるかも知れないし、プロメテウスの火も一役買っているのかなあと、そんなことを思っているところです。

ゼウス?
それは神のみぞ知る。インシュアラー。

これもどこかで聞いたな。

 

 - 社会 ,

  関連記事

三段論法

人間は死から逃れられない。(大前提) ソクラテスは人間である。(小前提) ゆえに …

4月4日は何の日?

  皆さんは4月4日が何の日かご存じでしょうか。 私も最近知ったのですが、なんと …

友情と下心

 今年も新語・流行語大賞の候補がノミネートされる季節になりました。  候補に選ば …

刑事手続原則と一般国民感情

 ここ最近ネットやワイドショーを賑わせている話題の一つに、東名高速路上でワゴン車 …

初めての贈り物

名前は子供への最初の贈り物。 そんな言葉を耳にしたことがあります。 でもその一方 …

紳士淑女ではない人も

「Ladies and Gentlemen」(レディース・アンド・ジェントルメン …

元号と長さと温度

5月1日からの新しい元号が発表されました。 「令和」という新元号そのものについて …

批判は失敬?

昨日の衆議院予算委員会で、こんなやりとりがありました。 小川淳也衆議院議員(立憲 …

ステイ・ホーム その後

4月30日の「ステイ・ホーム」という投稿で、音楽好きの方には写譜をして、演奏家気 …

ブルーインパルス

昨日、東京の空を航空自衛隊のブルーインパルスが飛んだようです。飛んだようです、と …