弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

清原元選手の初公判に思う

 

この記事は約 1 分で読めます。

079136a9b9019973c107a11e28af0d4a_s今日は元プロ野球選手の清原和博被告の初公判がありましたね。彼のように自分自身の力で一時代を作った人物が、覚せい剤のような薬物で身を滅ぼす姿を見るのは、ファンならずともつらいものがあります。
今度は立派に更生する姿を、皆の前に見せてもらいたいものですし、そうでなければいけないでしょう。

みなさんもご存知のとおり、薬物事犯は再犯率が高いことで知られています。私たち弁護士は、刑事弁護を通じて薬物事犯を犯してしまった被疑者・被告人に接する機会が多くあります。その中には初犯の人もいますが、同種前科のある人、何度刑務所に入ってもまた薬に手を出してしまったという人も決して稀ではありません。

私が司法修習生の時に傍聴した裁判で、覚せい剤との縁が切れない高齢の被告人に対して、実刑判決を言い渡した後に裁判官が話した一言をよく覚えています。

今回また刑務所に入ってもらいますが、このままでは刑務所にさえ入れなくなります。そのことの意味をよく考えてください。

薬物事犯の場合、初犯では執行猶予率が高いとされていますが、判決の結果にかかわらず、引き返すなら今しかない、という自覚を持って、必死で帰ってきて欲しいと願っています。

 - 裁判 , ,

  関連記事

正規・非正規間の格差是正の一歩となるか?

先週14日、正規・非正規間の待遇格差について画期的な判決が下されました。 昨日か …

定年後再雇用の賃金格差は違法 東京地裁判決

 5月13日、定年後再雇用された労働者が定年前と同じ賃金を支払うよう勤務先の会社 …

判決で止められない公害

本日、東京高等裁判所は、横田基地を離着陸する軍用機の騒音などによる損害賠償と夜間 …

東電刑事裁判に思う

昨日、福島第一原子力発電所の事故をめぐり、東京電力の旧経営陣が業務上過失致死傷の …

遺言書の押印は「花押」ではだめ

最高裁判決のニュースです。 自筆で作成する遺言書(自筆証書遺言)には、署名押印が …

政府の「物価偽装」を裁判所が断罪

大阪地方裁判所  2月22日、大阪地裁は、2013年から2015年までの間に段階 …