弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

やまない雨は

 

この記事は約 2 分で読めます。

梅雨入り直後、今年の梅雨は「陽性」の雨で、しとしと降り続くというより、降るときにまとめて降るなんて言われていました。しかし、実際には各地に災害をもたらすほどの豪雨となる一方で、そうでなくても弱い雨が毎日続いています。

子どもたちの夏休みが始まる頃までには梅雨が明けるのが通例ですが、今年はコロナ禍による休校措置のしわ寄せで夏休みが不規則になったのに合わせるように、梅雨も長引いています。

雨にも「おしめり」とか「慈雨」といった、好ましいものとして受け止める言葉もありますが、さすがにこれだけ雨の日が続くと、あちこちカビも生えますし、何より気分も湿っぽくなってしまいます。

今から27年前の1993(平成5)年、この年も梅雨が長引いて、たしか一度は梅雨明け宣言が出されたのが撤回されて、とうとう梅雨が明けず、記録的な冷夏になりました。
それまで「一粒たりとも米は輸入しない」という方針を貫いてきた政府も、記録的な米不足のために緊急輸入に踏み切らざるを得なくなったこともありました。
宮澤内閣の不信任決議が可決され、続く総選挙では自民党が大敗、細川政権が誕生し、いわゆる55年体制が崩壊したのも、すべてこの梅雨~冷夏の中の出来事でした。

梅雨が明けないというのはどういうことかと調べてみましたら、立秋(8月7日頃)までに梅雨が明けない年は、たとえその後に晴れの日が続いても梅雨明け宣言が出されないということなのだそうです。
東京の天気予報では、少なくとも来週初めまでぐずついた天気が続きそうなので、ギリギリ梅雨明け宣言が出るかどうかというところのようです。

「やまない雨はない」と言います。梅雨明け宣言が間に合おうがそうでなかろうが、いずれ日差しは戻ってくるでしょう。じっとその時を待つしかありません。

コロナ禍もしかり、と言いたいところですが、こちらは、今の政府の対応を見ている限り、終息はもとより、収束も見通せないように思えてなりません。

 - 日記 ,

  関連記事

暑さ寒さも

すっかり日が暮れるのが早くなりました。 今年の夏は記録的な猛暑で、果たして2年後 …

桜の季節とともに

東京は桜の季節です。 事務所からほど近い新宿御苑は、毎年首相が主催する「桜を見る …

21世紀の子どもたち

先日、母校の高校で授業をしてきました。 「総合的な学習の時間」の一環として、母校 …

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます 新年は南天に鶏を選んでみました。 南天は「難」が …

来年もよろしくお願いいたします

今年も1年お疲れ様でした。 来年もまたよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください

今年も1年お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いいたします。

老いと運転

江戸時代の禅僧、仙厓義梵といえば、「○△□図」や「指月布袋図」などのユルい禅画で …

すずしき谷間に

ドイツの詩人ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフの詩に、フリードリヒ・グリュックが …

人の振り見て

先日インターネットで調べ物をしていたときに、「一つ返事」という言葉に出会いました …

どうして台風の「中心」にこだわるの?

今年は台風が多いですね。今もまさに台風18号が東日本に向かって急接近しているとこ …