弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

さらば、キリンラーメン

 

この記事は約 2 分で読めます。

小笠原製粉(株)公式サイトより

アベックラーメンことを書いてから2年たちましたが、今回はキリンラーメンの話題です。
それも少しさびしい話。

みなさんは、キリンラーメンのことをご存知ですか?
愛知県碧南市にある小笠原製粉という会社が製造販売している即席ラーメンで、ちょっとレトロなパッケージとかわいらしい動物のイラストで、ひそかな人気を博しています。

キリンラーメン以外にも、水族館や動物園とコラボした、ペンギンラーメンとか、カピバララーメンとかもあります。もしかしたら、水族館や動物園の売店でご覧になった方も多いのではないでしょうか。

さてそのキリンラーメン、「大人の事情」で名称を変更することになったのだとか。
50年も続いたブランドがなぜ?と思ったら、例のビール会社との間で商標権を巡ってトラブルがあったのだそうです。

もっとも、あっちのキリンは中国の神話に出てくる霊獣の方で、こっちのキリンはアフリカの首の長い動物ですから、全くキリン違いだと思うのですが、例の会社の料簡では許せなかったのでしょう。

実は、弁護士としてこの種のトラブルに関わったこともあるので、どうも他人事とは思えません。地元を中心に50年も愛されてきたブランドを踏みつぶしてまで、大手のブランドイメージを純粋化したかったのでしょうか。

ただ、今回の一件では、公平に見て、ビール会社の方が評判を下げたように思えます。キリン同士でコラボ商品を売り出すくらいの度量を見たかったものです。

そのビール会社は、三菱グループに属しているのですが、三菱と聞いて思い出すのは、皆さんご存知の三菱鉛筆。実は三菱グループとは全く関係ないのです。マークもあのスリーダイヤなのですが、三菱グループの商標登録より前から「三菱鉛筆」を名乗っているので、手が出せないのだとか。

なんとなく、「大人の事情」というより「子供じみた事情」のような気がしてなりません。

 - 社会 ,

  関連記事

新型コロナウイルスの猛威

新型コロナウイルスの猛威は、ついにオリンピックまで吹き飛ばしてしまいました。 こ …

迫る改元

裁判所では受理した事件(案件)ごとに「事件番号」といわれる固有の番号を振って事件 …

友情と下心

 今年も新語・流行語大賞の候補がノミネートされる季節になりました。  候補に選ば …

東電刑事裁判に思う

昨日、福島第一原子力発電所の事故をめぐり、東京電力の旧経営陣が業務上過失致死傷の …

元号と長さと温度

5月1日からの新しい元号が発表されました。 「令和」という新元号そのものについて …

試合終了

ラグビーで試合終了のことを「ノーサイド」と言いますね。試合が終われば、サイド、つ …

住民の立場から

昨日の衆議院本会議での日本共産党の志位和夫委員長の代表質問の際の出来事です。 沖 …

身の丈と体重

一昨年亡くなられた早坂暁氏の代表作として真っ先に挙げられるのは「夢千代日記」だと …

噴出するセクハラ問題

財務事務次官によるセクハラ問題は、本人の辞任で事態が収束するどころか、今まで表に …

地球儀外交

  もはや旧聞に属する話ですが、安倍総理は、政権交代を果たした後の20 …