弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

さらば、キリンラーメン

 

この記事は約 2 分で読めます。

小笠原製粉(株)公式サイトより

アベックラーメンことを書いてから2年たちましたが、今回はキリンラーメンの話題です。
それも少しさびしい話。

みなさんは、キリンラーメンのことをご存知ですか?
愛知県碧南市にある小笠原製粉という会社が製造販売している即席ラーメンで、ちょっとレトロなパッケージとかわいらしい動物のイラストで、ひそかな人気を博しています。

キリンラーメン以外にも、水族館や動物園とコラボした、ペンギンラーメンとか、カピバララーメンとかもあります。もしかしたら、水族館や動物園の売店でご覧になった方も多いのではないでしょうか。

さてそのキリンラーメン、「大人の事情」で名称を変更することになったのだとか。
50年も続いたブランドがなぜ?と思ったら、例のビール会社との間で商標権を巡ってトラブルがあったのだそうです。

もっとも、あっちのキリンは中国の神話に出てくる霊獣の方で、こっちのキリンはアフリカの首の長い動物ですから、全くキリン違いだと思うのですが、例の会社の料簡では許せなかったのでしょう。

実は、弁護士としてこの種のトラブルに関わったこともあるので、どうも他人事とは思えません。地元を中心に50年も愛されてきたブランドを踏みつぶしてまで、大手のブランドイメージを純粋化したかったのでしょうか。

ただ、今回の一件では、公平に見て、ビール会社の方が評判を下げたように思えます。キリン同士でコラボ商品を売り出すくらいの度量を見たかったものです。

そのビール会社は、三菱グループに属しているのですが、三菱と聞いて思い出すのは、皆さんご存知の三菱鉛筆。実は三菱グループとは全く関係ないのです。マークもあのスリーダイヤなのですが、三菱グループの商標登録より前から「三菱鉛筆」を名乗っているので、手が出せないのだとか。

なんとなく、「大人の事情」というより「子供じみた事情」のような気がしてなりません。

 - 社会 ,

  関連記事

天の声にひざまずく

新元号ネタの連続3稿目です。 新元号に使われることになった「令」の字ですが、出典 …

友情と下心

 今年も新語・流行語大賞の候補がノミネートされる季節になりました。  候補に選ば …

末はハカセか

「末は博士か大臣か」などと子供の将来を期待することができた時代は、きっと子供にと …

オオカミ少年の寓意

昨日4月25日から、東京に緊急事態宣言が発出されました。新型コロナウイルスの感染 …

野党はだらしない?

世間は参議院議員通常選挙の真っ最中です。 国政選挙としては2017年10月の衆議 …

後悔先に立たず

「イギリス、EUやめるってよ」 というタイトルのブログが乱立するだろうなあと思っ …

死票のゆくえ

先月末に行われた衆議院議員総選挙では、議席を伸ばすかと思われた野党第1党の立憲民 …

沈黙と雌伏

アメリカの大統領選挙がなかなか決着しませんが、現職大統領が開票作業の差止めを求め …

Trick or Treat

10月31日はハロウィーンですが、ハロウィーンといえば渋谷に若者が集まるイメージ …

夏の終わりに

前任の総理大臣が退陣表明をしてから、早いものでもう1年が経過しました。 あれから …