弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

友情と下心

 

この記事は約 3 分で読めます。

 今年も新語・流行語大賞の候補がノミネートされる季節になりました。
 候補に選ばれて当然と思われる「モリカケ問題」という言葉がノミネートされなかったのは、誰かの「忖度」が働いたのかも知れません。「忖度」はノミネートされたようですが。

 そんなモリカケ問題のカケの方、安倍首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設について、今日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が開設を認める答申をしたとのニュースが報じられました。先日の総選挙の翌日には答申があるのではと噂されていたので、少し遅れたものの、大方の予想通りの動きと言えるでしょう。

 その総選挙のきっかけとなった、衆議院の解散の意向を安倍首相が記者会見で表明したのは9月25日。この日首相は、夜のニュース番組に慌ただしくはしご出演したのですが、その中のある番組で、この加計学園問題についての質問を受けて、次のように答えていました。

いわば彼(加計学園の理事長)とは、40年来の友人ではありますが、なぜ友人であり続けることができたかと言えばですね、できたかと言えば、まあ、彼はたしかにですね、いろんな学部を作っています。でもその学部ごとに、一度もですね、私にその学部の説明をしたり、依頼されることはありませんでした。友人というのはですね、お互いに相手の地位を利用する、ということをした瞬間にですね、これは友人ではなくなるんだろうと。そういうことがなかったからこそ、私はこの40年間友人であり続けることができたと、こう思っています

 首相がそうおっしゃるのをはなから信用しないとは言いませんが、学生時代からの友人の人脈を、文字通りの財産としてビジネスに生かしている例はいくらでもあるように思います。釣り仲間からもらった1枚の名刺を頼りに商談に結びつけようと必死になるビジネスマンの姿を描いたCMをご覧になった方だっていらっしゃるでしょう。これだって「相手の地位を利用する」ことには違いありませんし、その結果、釣り友達ではなくなるどころか、ますます関係が深くなることだってあるのではないでしょうか。

 先日、安倍首相は、アジアを歴訪するアメリカのトランプ大統領を友人として迎えましたが、その歓待ぶりといったら大変なものでした。破格の歓待を受けたトランプ大統領は、離日の朝、Twitterで次のようにつぶやきました。

My visit to Japan and friendship with PM Abe will yield many benefits, for our great Country. Massive military & energy orders happening+++!

(私の訪日と安倍首相との友情は、我らが偉大な国(米国)に多くの利益をもたらすだろう。軍事とエネルギーの大量注文だ+++!)

 安倍首相の論理によれば、どうやらトランプ大統領はこの瞬間に友人ではなくなってしまったようです。

 - 社会 ,

  関連記事

東電刑事裁判に思う

昨日、福島第一原子力発電所の事故をめぐり、東京電力の旧経営陣が業務上過失致死傷の …

反社の定義

昨日のニュースですが、政府が「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に …

迫る改元

裁判所では受理した事件(案件)ごとに「事件番号」といわれる固有の番号を振って事件 …

三段論法

人間は死から逃れられない。(大前提) ソクラテスは人間である。(小前提) ゆえに …

オオカミ少年の寓意

昨日4月25日から、東京に緊急事態宣言が発出されました。新型コロナウイルスの感染 …

成り駒のルール

藤井聡太七段の登場以来、将棋がちょっとしたブームになっています。かつては羽生九段 …

新型コロナウイルスの猛威

新型コロナウイルスの猛威は、ついにオリンピックまで吹き飛ばしてしまいました。 こ …

2つのマクドナルド理論

アメリカのジャーナリスト、トーマス・フリードマンが提唱した外交理論に、「マクドナ …

朝三暮四

「朝三暮四」という故事成語はご存知ですね。 中国は春秋時代の宋に狙公という人がい …

ドライブレコーダー2題

このところ、ドライブレコーダーの販売台数が急増しているというニュースを、それこそ …