憲法理念の実現をめざして常に市民の立場から
事務所だより

コラム

10年あれこれ

弁護士 加納 力    10年ひと昔と言います。英語には【decade】という単位があって、10年間を意味します。時のとらえ方は、洋の東西を問わず、案外同じようなものなのかも知れません。  中学1年生も、10年 …

江戸の橋・東京の橋

弁護士 江森民夫    夏のニュースに続いて自由課題担当になったので、東京・江戸の「坂」に続いて東京・江戸の「橋」についてひとくさり述べます。  昭和54年4月現在東京都には7682の橋が存在していたとものの本 …

犬の年

弁護士 井澤光朗    今年は戌年。ところで、犬の年であるが、人間の年と比べる方法であるが、一般的には1年目を18才、それ以降を1年につき4才と考えるそうだ。そうすると10年の犬は人間で言えば18+36で54才 …

昨今あれこれ思うこと

弁護士 田原俊雄    最近溝口雄三早大教授(中国史専攻)の書かれた「中国の衝撃」という本を題名にひかれて読む機会があった。大変示唆にとむ多くの問題提起(あとがきでどのような読者層を想定して書いたか、(一)から …

江戸の坂・東京の坂

弁護士 江森民夫    一昨年病気をした際に大学時代の友人から、池波正太郎の「剣客商売」の新潮文庫1冊をもらったことから、時代小説にはまってしまった。  ご存じのとおり、池波時代小説の多くは江戸時代の切絵図を見 …

アメリカ大統領選と憂鬱な4年間

弁護士 金井清吉    ブッシュ対ケリーのアメリカ大統領選挙は、接戦の末現職が勝利を納めた。しかしアメリカのイラク侵攻は全く正当理由のない他国に対する侵略であり、現代においても国家権力のおぞましさを教える格好な …

中国語はじめました

弁護士 渕上 隆    私は、今年1月より中国「残留孤児」訴訟原告弁護団に加わりました。その「孤児」の約9割は十分に日本語を話すことが出来ないといわれています。帰国した「孤児」たちに、日本政府は、わずか4か月間 …

随想

弁護士 田原俊雄    イラクへの自衛隊派遣は、それが憲法の根幹にふれる重大な問題なのに、国民の論議を無視したままの政府の強引なやり方に、既成事実化され、憲法感覚が次第に麻痺されていく過程を辿っている。考えてみ …

« 1 11 12 13
PAGETOP
Copyright © 東京中央法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.