弁護士の雑記帳 – 東京中央法律事務所

東京中央法律事務所の公式ブログです

*

岩手文学に脚光

 

この記事は約 2 分で読めます。

岩手山

一昨日、芥川賞と直木賞の発表がありましたが、その続報で、岩手文学が脚光を浴びているという報道がありました。

直木賞を受賞した門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が、宮沢賢治の生涯を父の視点で描いた作品とは聞いていましたが、ほかにも岩手関係があっただろうかと思ったら、「おらおらでひとりいぐも」で芥川賞を受賞した若竹千佐子さんは岩手県遠野市出身とのこと。しかも、「おらおらでひとりいぐも」は、宮沢賢治の「永訣の朝」から取られたのだそうです。

「永訣の朝」といえば、

けふのうちに
とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ

(あめゆじゅとてちてけんじゃ)

しか覚えていなかったので、そんな「おらおら~」なんてフレーズがあっただろうかと思って調べてみると、ありました。

( Ora Orade Shitori egumo )

ローマ字でした。

死の床にある妹の言葉は別れの言葉(逝く)でしたが、若竹さんはそれを一人で生きていく決意の言葉(行く/生く)に置き換えています。
若竹さんご自身、夫と死別した後に息子さんに励まされて小説教室に通い、この本を書き上げたそうです。実体験に裏打ちされている作品なのですね。
読んでみたくなりました。

ところで、わが事務所にも岩手出身の弁護士がいますが、以前、四ッ谷に事務所があった当時、自席に

下の部屋におります1

とメモを残して離席していたことがあったのは、やはり宮沢賢治の影響2 かと言われました。
宮沢賢治、あなどれません。

 


1. 当時、相談室が別フロアにありました。
2. 元は「下ノ畑ニ居リマス」ですね。

 - 話題 , ,

  関連記事

不適切だが違法ではない

昨日行われた東京都議会総務委員会の集中審議で、舛添要一都知事の辞任は既定路線にな …

約束と異なる新しい判断

早いもので、もう6月も最終日になってしまいました。 安倍首相が消費税増税の時期を …

広辞苑とLGBT

10年ぶりに改訂された広辞苑第7版、発売されましたね。 たまたま広辞苑の編集者が …

瀬戸内寂聴さんの発言に思う

先週末、福井で日弁連人権擁護大会が開催され、これに先立って死刑制度に関するシンポ …

読み間違い

「責ニ任ス」  口語化される前の民法にはよく登場する言葉でした。「責任を負う」と …

キラキラ

「第3次安倍第3次改造内閣」が発足しましたが、新しく「人づくり革命担当大臣」が誕 …

印象操作

何とかの一つ覚えじゃないですが、同じフレーズを多用する人っていますね。少し前には …

そもそも云々

「そもそも」という言葉に、「はじめから」とか、「元から」という意味のほかに、「基 …

後悔先に立たず

「イギリス、EUやめるってよ」 というタイトルのブログが乱立するだろうなあと思っ …

オリンピックの「レガシー」

東京オリンピックのための施設建設について、いろいろな意見が交わされています。あま …